最高気温27.5度、南西の風、晴れのち曇り、蒸し暑い一日でした。

道路の電柱や電線、木の枝の上に「カンムリワシ」がいました。

2,000km以上も移動できる蝶「アサギマダラ」。

満潮時の宇多良川。マングローブ植物が汽水に浸かっています。

「タカサゴシロアリ」の巣。

2007年、日本近代化産業遺産群に認定された「宇多良炭鉱跡」。

廃坑から約70年、ジャングルに眠る遺構。

昭和10年代の宇多良鉱業所の様子。近代施設を誇り桃源郷とまで言われた宇多良炭坑でしたが、戦時下の量産体制強化のもと、採炭全盛の頃は過酷な労働が強いられ、抗夫たちからは「圧制炭鉱」として恐れられました。

朽ちた船のエンジン。当時は船で石炭を運んでいました。

トロッコのレール支柱にからみついたガジュマルの木。

土産(Tシャツや小物)もバッチリ購入。

本日はのぶずをご利用下さり誠にありがとうございました。

====== 西表島のぶず ======