MENU

デイツアー

3-01s

西表島トレッキングツアーのぶずの定番ツアーになります。10:00頃からスタートして約6時間の1日ツアーです。

詳しくはこちら

ショートツアー

3-02s

余り時間がない方の為のショートツアーになります。9:30頃からスタートして約3時間の半日ツアーです。

詳しくはこちら

リクエストツアー

3-03s

お客様のご希望に沿ったリクエストツアーになります。10:00頃からスタートして約6時間の1日ツアーです。

詳しくはこちら



12月は涼しく山歩きにピッタリの気候です!西表島の自然を楽しみましょう🐈

top-002

top-003

  • 沖縄県の西表島は、海も山も川も全てが美しい大自然の島で、トレッキング、キャニオニング、ケイビング、カヌー、サップ、シュノーケリング、スキューバダイビングといった様々な自然体験を通して、その素晴らしさを体感することができます。
  • しかし西表島は本来野生動植物の島であり、人間は西表島にお邪魔しているという事実を忘れてはいけないと思います。
  • 『歩き屋野遊び店 のぶず』では、トレッキングで西表島の大自然に少しだけお邪魔させてもらっています。専用靴をはじめ道具はすべてレンタルでき、安全安心に自然体験できます。

 

西表島とトレッキングツアーと私

 西表島は、気候が温かく、美しい森があり、川があり、海があり、田舎で人口が少なく、とても素晴らしい環境です。一度きりの人生なら、自分が良いなと思う場所で生きたいので、私は西表島に住んでいます。長崎県生まれの私は、家族に恵まれ不自由なく育ててもらいました。ただ私という人間は、社交的ではなく、頭もよくなく、運動もできず、努力もせず、性格も悪く、自己中心的で、極悪ではありませんが良い人間ではありません。特技はなく、小学生の時から「理科」が好きで自然に興味を持っていました。運よく入学できた高校が、大学の試験をパスする為の技術を叩き込んでくれる学校で、なんとか沖縄県にある大学(理学部生物学科)に進学することができました。ただし学力の無い私は授業内容をあまり理解できず、卒業はギリギリでした。

 大学時代は「ダイビングクラブ」に所属し、海で遊んでばかりいました。1990年代の沖縄本島の海は綺麗で、さらに離島の海はもっともっと綺麗でした。大学卒業後、私立学園の非常勤を経て沖縄県の中学理科教諭として採用されましたが、根性の無い私は数年で挫折し退職。30歳ギリギリでワーキングホリデーを利用しオーストラリアに1年間滞在しました。英語力が無いので肉体労働のバイトしかできませんでしたが、オーストラリアの大自然の素晴らしさと農家でファームステイした体験は忘れられません。

 帰国後、西表島のリゾートホテルでツアーガイドのバイトを1年半おこないました。シュノーケリングツアーのガイド、カヌーツアーのガイド、トレッキングツアーのガイド、どれも西表島の自然を満喫できる素晴らしいツアーでしたが、海はやはり水の怖さがあり、カヌーは筋力が必要で、自分には海や川のガイドは難しいと感じました。そして西表島でトレッキングツアーを専門に開催していた「歩き屋野遊び店 のぶず」に、2009年ガイドとして雇ってもらいました。2000年代の西表島は、カヌーツアーが主流だったので、キャニオニングツアーを開催している「歩き屋野遊び店 のぶず」のツアーはとても珍しく、ガイドの仕事は忙しかったです。

2011年に「歩き屋野遊び店 のぶず」を立ち上げたオーナーご夫妻が西表島を離れることになり、バイトの私が会社を引き継ぎました。オーナーさんはとても厳しい人でしたが、その教えが独りになった時にとても役立ちました。今まで西表島のトレッキングツアーガイドをやってこれたのはオーナーご夫婦のおかげです、とても感謝をしています。

 私があまり体力が無いので、「歩き屋野遊び店 のぶず」のトレッキングツアーは、体力度軽めです。万が一のことを考え、コースはメジャーな場所(ピナイサーラの滝、ユツンの滝、ゲータの滝、大見謝川のキャニオニング、宇多良炭坑遺跡など)を利用しています。安全の為、専用の靴など道具の準備は万端です。また、水着やTシャツ、パンツ、タオルなどのレンタルもあるので、手ぶらで参加可能です。ツアー中の飲物、弁当、菓子の準備もあり、保険に加入しているので安心です。会社を引き継いだ当初は、西表島のツアー会社の数は少なかったので、なんとかやっていけていたのですが、2013年「南ぬ島 石垣空港」が開港してからは観光客もツアー会社も激増し、最近は集客が難しいです。それでもなんとか生きてこれたのは、リピーターの皆様のお陰です、本当にありがとうございます。

 現在西表島では、世界遺産登録により発生するであろう問題(観光客やツアー会社の激増による、自然破壊や事故など)について、ツアーガイドや関係機関の方々が集まって話し合いをしています。今までこのような集まりが無かったので、きっかけはともあれ、お互いの顔や考えが分かる良い機会になっています。先輩のガイドさんも、若いガイドさんもしっかりとした考えを持って仕事をなさっているので、とても関心しました。

私の個人的な意見は、西表島は世界遺産にならず、命輝く素晴らしい自然のまま、静かに未来に残っていって欲しいと考えています。自然を利用してお金をもらっているので、矛盾はしておりますが・・・。私ができることは限られていますが、西表島の自然破壊を止める努力や行動はしていきたいと思います。そして観光客の激増により西表島の自然破壊が進む時には、すみやかにツアーガイドを辞めたいと思います。その前に体力問題や集客問題で辞めているかもしれませんが、2020年までは西表島トレッキングツアーのガイドとして頑張りますので、皆さんどうぞ宜しくお願いします。